ゼノファーEXのすごさを解説!

未分類

利用者満足度が非常に高いゼノファーEXですが、具体的に何がすごいのでしょうか。

●ペニス増大に必須の成長ホルモン

ペニスの細胞を増やすにはシトルリンなどで血流量を増やすこと以外にも、成長ホルモンの分泌増加が欠かせません。

成長ホルモンとは名前の通り細胞を成長させるのには欠かせないホルモンですが、肉体の皮膚や臓器だけでなく、もちろんペニスも含まれています。

つまり、根本的には成長ホルモンを分泌させることができれば、ペニスサイズをアップさせることができるということです。

ペニスの増大率は遺伝的な要素もあるので、ものすごく大きくなれる人と少ししか変わらない人もいますが、ほとんどの人は成長ホルモンの増大によってペニスを増大させることができます。

成長ホルモンの分泌がすくないひとだとペニスサイズが大きくなれずに成人になっている人もいると思いますが、成人になってからでも成長ホルモンを促すことによりアップさせることができます。

ゼノファーEXにはアルギニンほか、多数の天然成分が廃合されているので、アルギニンの成長ホルモン分泌効果と相乗的に効果を期待できます。

そこらへんにある精力剤関連商品を見てみるとアルギニンが配合されている割合が多いと思いますが、それはなぜかというと、こういう理由があったわけです。

精力剤にはいまでは欠かせない成分となっていますが、アルギニンは特に重要な立ち位置になっています。

●新陳代謝を促すことにより血管を拡張させる

成長ホルモンの分泌量増加がペニスサイズアップには重要と解説しましたが、どういう理屈でペニスのサイズがアップするのか疑問に思っている人も多いと思います。

まず、成長ホルモンというのは、人体の細胞分裂を促す作用を持っていますが。それにより、ペニスの細胞を構成している海面体細胞を分裂させます。

海面体細胞とはペニスを構成している中心的な細胞ですが、この細胞が増えることにより、勃起時のサイズアップや硬さの向上につながります。

つまり、海面体細胞を増やせば増やすほどペニスサイズをアップさせることができるということです。

海面体細胞が少ないとシトルリンによって血流量を増やしても、勃起時の硬さアップなどにはつながらないので、まずは海面体細胞を増やす必要があります。

成長ホルモンがカギというのは海面体細胞を増やすことによりペニスの土台作りをスル必要があるのです。

成長ホルモンの分泌量増加により、海綿体細胞の増加だけでなく、細胞修復期間が短くなり、体力の増加、精力の増加につながります。

また、ゼノファーEXには血流量を増やす成分が入っているので、成長ホルモンによる海綿体細胞増加を促す効果も期待できます。

●滋養強壮

年齢による疲労回復効果や、ストレス耐性や、免疫力などは加齢によって落ちてきます。

疲労が蓄積されると、免疫力の低下が起こり、それが恒常的に続くと病気にかかりやすくなったりします。

普段の生活の食生活の乱れや睡眠時間の少なさなどから来る疲労というのは性欲にも如実に影響してきます。

睡眠リズムの乱れや食生活の乱れから来る栄養不足というのは自律神経を乱すことにつながります。

自律神経の乱れは、男性ホルモンや成長ホルモンの乱れにつながります。

特に、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンは性欲につながっているホルモンです。

疲労がたまってくると自律神経が乱れて、このホルモンの分泌量が減ってしまって、性欲が減少してしまうというのが原理です。

ちなみに、男性ホルモンは個人差がありますが、30代から40代から徐々に減少に転じて、60代になると最盛期の3割減くらいになります。

サプリで栄養補給を若い頃からしっかり行っておき、睡眠もしっかりとって、運動もしておけば、いつまでたってもテストステロン地が落ちないことも報告されています。

ゼノファーEXにはアルギニン、シトルリン、スッポン、マカ、亜鉛など、滋養強壮成分が自然由来の成分がたくさん配合されています。

ペニス増大だけでなく、ストレスや睡眠リズムの崩れなどから性欲が減少している方にもおすすめできるサプリがこのゼノファーEXです。

>>さらに詳しく

コメント

タイトルとURLをコピーしました